オーダー枕・ふとん・寝具なら石川県金沢市の乙丸屋

お気軽にお問い合わせください TEL076-294-0002

まくらのパワー!ー活かしてますか?ー

oder-pillowtop

おはようございます。

今日はいい天気ですね!まだまだ寒いけど、日中はずいぶん暖かくなってきました。

そろそろチャリ通勤をスタートしようか?と考えている、乙丸屋 久兵衛です。

 

春が近づいてくると、花粉が気になりますねー。

ボクも2年ほど前にデビューしてから、この季節がキライになりました。(笑)

さくらは大好きです(^^♪

 

さてさて、新店舗がオープンしてから様々なお客様のご要望を頂いております。

その中で今回は、このご要望にお応えしたいと思います。

 

その要望とは・・・

           「いい枕に出会えないっ!」

                         です。

乙丸屋の場合は、こういうご要望の時に

オーダーメイドまくらをおススメして、自分に合ったまくらの体験をおススメするのですが

 

ちょっと待った!

そもそもまくらの使い方が間違っている方がいっぱいいらっしゃいました。

 

なので、今回は、その枕の使い方をご案内いたします。

もしかしたら、今使っている合わない枕・・・。ちゃんと使えば合ってるまくらになるかもしれません。

 

■まくらの使い方■

①まくらは肩口にしっかりあてる

 このブログのトップ画像をご覧ください。肩がまくらにしっかり当たっています。

 これがとっても大切です。肩とまくらの間にスキマが出来ていると、後頭部のみで頭を支えるため

 首が辛くなりやすいです。眠る前にしっかり肩口にまくらを当てることを意識してみてください。

 

②まくらの向きをチェックする

 まくらの種類によっては、どの位置で使うのか書いてあるものが多いです。

 その向きを間違えて使っていると、まくらのポテンシャルが活かせません。当たり前のことなんですが

 枕カバーを掛けちゃうと向きが分かりづらいので、事前にチェックしておきましょう!

 

③自分にあった寝方に合うまくらを選ぶ

 横向きが多い方と、仰向きが多い方。両方ともの寝方で寝る方。それぞれ求めるまくらが変わってきます。

 「仰向きはそんなに高くなくていいけど、横向きはしっかり高さが欲しい。」

 「横向きがほとんどだけど、横向きの高さってどうやって選ぶの?」

 自分の寝方を思い出して、それに合うまくらを探すってことも大切です。

 

 

ちなみに、乙丸屋のオーダーメイドまくらは、計測してピッタリの高さを作ることはもちろん!

一人一人の寝方やクセなどもお聞きします。

実際に試して頂くときには、寝返りの仕方や、肩口までまくらを当てることなどもお伝えします。

 

まくら自体の機能を100%活かすためにも、ちゃんと使うっていう見落としがちなことを

押さえておくと、今お使いのまくらもより良くなるかもしれませんね。

 

それでも、合わなかったり、ピンとこないなーと思ったら、ぜひ乙丸屋にご相談くださいませ。

 

さぁ!

それでは本日も、眠りにまっすぐ乙丸屋金沢工大前店オープンですっ!