• 0000114477.jpg
  • 0000160900.jpg
  • 0000114480.jpg
  • 0000114479.jpg

HOME

ぐっすり眠って朝を元気に!!

0000243635.jpg
私自身、実は朝が弱い人でした。起きる時間も遅く、起きてもボーっとしていて、朝ごはんは食べない!そのまま仕事をしても頭が働かず。。。たぶん効率が悪かったと思います。

昼は朝ごはんを食べてないから、ガツンと食べる。。。すると、昼過ぎに眠たくなってちょっと横になる。(営業マンだからできること) 夕方から活発に動き出し、夜もガンガン目が覚めているから、夜更かしなんて当たり前。

そしてまた朝は起きれない。こんな日々を繰り返してました。

でも、今は毎朝6:30には目が覚めます。
もちろん目覚まし時計は使っていませんよ(笑)
朝ごはんも、もりもり食べれるし、一日中かなり活発に動いています。
夜もそんなに遅くまで起きてられません(笑)

何が起きたのか?

それは単純に、睡眠のことを知ったから。そして、実践してみたら少しずつ変わっていったのです。
個人差はありますけど、私の場合はすっごいシンプルでしたよ。

これを見ているみなさんにも・・・

ぜひ、ぐっすり眠って、ステキな朝を迎えて頂ければと思いまして、私が受講してきた睡眠のことを少しのせますね。この資料が少しでも、みなさんの睡眠のお役に立てれば幸いです。

健やかな体をつくる睡眠6ヶ条

(1)同じ時刻に毎日起床 毎朝の早起きが早寝に通じる。
 休日に遅くまで寝床にいない。 

(2)朝の光りで体内時間をスイッチオン
 目覚めたら光を浴びてスイッチオン。その15時間後に眠りの準備。

(3)よい睡眠に規則正しい食事と運動習慣
 朝食は心と体の目覚めに重要。運動習慣は眠りを深くする。

(4)眠りは脳や体を休ませ、記憶をよくする
 深いノンレム睡眠で疲労回復し、レム睡眠では記憶や感情を整理。

(5)眠る前は自分なりにリラックス
 軽い読書や音楽、ぬるめの入浴、軽いストレッチングで心と体をリラックス。

(6)十分な睡眠は日中の眠気で困らない
 必要な睡眠時間は年齢によって異なる。日中の強い眠気は睡眠不足。

モバイルサイト

オトマル寝具モバイルサイトQRコード

オトマル寝具モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 0000243405.png
  • 0000272908.png
布団はケッコー
汚れてる!?
ちょっとの工夫で家事のお手伝い
ぐっすり眠って
朝を元気に!
良い睡眠は、良い習慣から
まくらの不満
あなたはどの不満があてはまる?